7日間で3キロ痩せる方法

スケール

1週間で3キロやせる方法を3つ紹介します。

置き換えダイエット

1日の接種カロリーを減らすために、1日3食のうち1食をスムージーなどのダイエット食品に置き換える方法です。

より効果的に痩せるには、3食の中でもっともカロリー摂取量の多い食事と置き換えることがよいとされています。

8時間ダイエット

1日のうちに8時間の期限を設けます。

その8時間の中であれば、いつでも好きなものを食べて良いのです。

ただ、その8時間以外は食事をとらないようにして、水分はしっかりと取るようにします。

この方法で痩せる理由は、脳の働き、満腹中枢の刺激にあります。

食事を8時間以内で済ませるということは、最初の食事から、次の食事まであまり時間をあけないということになります。

その結果、次の食事の時にはあまり空腹にはなっていないので、次の食事の際の食事量が必然的に減っていくのです。

そのため、最初に高カロリーな食事をとったとしても、次の食事、その次の食事の分量が少なくなることでカロリー調整が可能となるのです。

生活習慣見直しダイエット

9時までには起床し、22時までには寝る。

1日7時間眠る。

1日7時間の睡眠を規則正しくとるだけで300キロカロリー消費をします。

そのため、十分な睡眠をとり、体にとってのゴールデンタイムと言われる22時から2時に熟睡していることが大切です。

起床後、30分以内にレモン水でデトックス。

レモンには、デトックス効果があるといわれている、イソシアネートという酵素が含まれています。

起床後、1時間以内に軽いヘルシーな食事をとる。

栄養をとらないと、体は代謝が悪くなり脂肪をため込んでしまいます。

そのため、栄養がある軽めの食事(例:ヨーグルトとグレープフルーツやバナナ、ゆで卵とサラダ)

昼食は好きな物を食べる。

我慢ばかりだとダイエットも続きません。

昼食は満腹感を感じるような食事が大切です。

食物繊維とミネラル、ビタミンをしっかり接種し、タンパク質を摂るためにお肉をしっかり食べましょう。

午後は、買い物に行ったり活動しよう。

日中の比較的交感神経が高くなる時間帯に運動することで効果も高くなります。

夕方は、むくみ解消にリンパを刺激し、運動でおなかを意識する(呼吸法とおなかに力を入れるだけ)。

マッサージをすることで代謝があがり、お腹を意識して鼻から息を10秒間吸って、ゆっくり口から10秒かけて吐くことでお腹のシェイプアップを行うことができます。

夕食は20時までにたべ、寝る2時間前まで済ませておく。

22時以降に食べたものは、もっとも脂肪になりやすいと言われているため、食後にお風呂に入ることも考慮して、だいたい20時までには夕食を終えましょう。

夕食を食べる順番は、①サラダなどの野菜②汁物③肉や魚などのメイン④ご飯などの炭水化物 です。

寝る前にお風呂に入り代謝をあげてから布団に入る。

夕食のカロリー消費や良い睡眠をとるためにも、シャワーだけではなく湯船に10分を目標につかりましょう。

水圧や浮力で結構もよくなり代謝がよくなります。